報道分析クラブ club news analysis
新着

軍事

【鍛冶俊樹】 1989.6.4 天安門

過去の歴史を鑑みて、なかなか面白いコラムです。 鍛冶俊樹の軍事ジャーナル 第145号 を転載 1989.6.4 天安門 今年は天安門事件25周年に当たり東京でも集会が開かれる。筆者も賛同しているから、下記参照の上、参加を …

鍛冶俊樹(かじとしき)

【講演会】5.17東京 佐藤 守 「国際情勢の読み方」

日本兵法研究会事務局 【第18回 軍事評論家・佐藤守の国防講座】 国際情勢の読み方 ~地球儀から軍事的視点で世界を見る~ 講 師:佐藤 守 (日本兵法研究会顧問、元南西航空混成団司令・空将) 軍事評論家としてブログやチャ …

軍事評論家・佐藤守

【鍛冶俊樹】 中露海軍演習の真意

東シナ海で行われることになった「中露海軍演習」。それぞれの国内事情が大きく絡み合ってます。間違いの許されない判断が求められるのが国際政治です。その場しのぎの甘い判断が、後に大きな損害をもたらします。民主党政治のように。 …

鍛冶俊樹(かじとしき)

【講演会】5.6埼玉 田母 神俊雄 「日本の安全保障としての歴史認識問題」

頑張れ日本!全国行動委員会埼玉県本部 より転載 「日本の安全保障としての歴史認識問題」 中国・韓国「反日包囲網」を突破せよ! 頑張れ日本!全国行動委員会埼玉県本部講演会 【第1部】基調講演 田母 神俊雄(第29代航空幕僚 …

【講演会】5.6埼玉 田母 神俊雄 「日本の安全保障としての歴史認識問題」

【鍛冶俊樹】 武器輸出と防衛産業

大きく躍進している安部外交だが、それを維持し、強固に支えるには、「武器輸出三原則」の見直しが必要だ。パワーバランスなくして対等な外交は構築できない。歴史が示すところだ。 軍事ジャーナル【3月14日号】 を転載 武器輸出と …

鍛冶俊樹(かじとしき)

【緊急シンポジウム】3.14東京 「島嶼問題を考える」

【緊急シンポジウム】  「島嶼問題を考える」(尖閣、南沙・西沙諸島)    <プログラム> 総合司会 宮崎正弘(評論家) 映像 中国軍、南沙侵攻の実態(8分) 基調報告  浜田和幸 (参議院議員。予定) シンポジウム(5 …

【鍛冶俊樹】 ウクライナの教訓

歴史は繰り返す。歴史に学ぶことが重要だ。そう痛感する。 日本人は他国の紛争には無関心な習性がある。いや、国内においても竹島や北方領土、拉致事件や尖閣の領海侵犯に対しても、どこか他人事のように見つめる傾向が強い。 クリミア …

鍛冶俊樹(かじとしき)

【講演会】2.22東京 崔 三然 「「日本人よ、誇りを持て~」

士気の集い124回講演会 元韓国空軍大佐 崔三然先生講演会 「日本人よ、誇りを持て~日本と朝鮮半島の安全保障」 日本統治時代には、韓国・台湾では日本国内と変わらない水準で、インフラが整備されていた。戦前、日本は悪い事はし …

崔 三然(さい さんぜん)先生

【イベント】1.28東京 田母神俊雄 東京から日本を再興する

1.28 緊急集会! 田母神俊雄 東京から日本を再興する 東京オリンピック・パラリンピックを7年後に控え、東京のみならず日本中が沸き立っています。 その一方で予想される首都直下型地震、増加する外国人犯罪、少子高齢化など、 …

【鍛冶俊樹】 大東亜戦争

今回は大東亜戦争の理由と意義について、とても明快に解説してくれています。是非多くの人に読んでいただきたいと思います。 お知らせ ※鍛冶俊樹さん出演番組等でブログの転載を批判される方が居られますが、テレビや新聞等の一般的報 …

鍛冶俊樹(かじとしき)

【講演会】12.14東京 平松茂雄 「核・宇宙・海洋の三位一体の国家戦略」

士気の集い 年内最後、120回講演会は毎年末恒例の 元防衛研究所研究室長 平松茂雄先生独演会『核・宇宙・海洋の三位一体の国家戦略』になります。 宜しければお越し下さいませ。どうぞ宜しくお願いします。 士気の集い 千田 拝 …

平松茂雄

【田母神俊雄】 中国の防空識別圏設定

防空識別圏そのものは、どこに設定しようが各国の自由。中国が今回のように防空識別圏を設定すること自体は、何ら問題はない。中国に対し防空識別圏を撤回させよという意見があるようだが、それは、おかしな話である。 という前提で、当 …

【鍛冶俊樹】 中国空軍の敗北

今回の中共による「防空識別圏の設定」はロシアをけん制したものであるという、非常に興味深い指摘。前回の「日露軍事同盟」につづき、国際情勢の読み方を研究したい。 鍛冶俊樹の軍事ジャーナル 第129号 を転載 中国空軍の敗北 …

鍛冶俊樹(かじとしき)

【鍛冶俊樹】 日露、軍事同盟を締結

「日露、軍事同盟を締結」などという見出しに違和感があるが、国際政治の土俵ではありえることだ。支那の脅威は日本のみならずロシアにとっても共通するもので、これは北朝鮮の脅威を最も受けているのが支那であるように、陸続きの国境が …

鍛冶俊樹(かじとしき)

【イベント】11.24石垣 緊迫!尖閣映像上映会&講演会

頑張れ日本!全国行動委員会主催 緊迫!尖閣映像上映会&講演会 「今語られる 尖閣の今、未来      ― 中国の侵略と石垣島の安全」 11月24日(日)午後3時より石垣市民会館において、頑張れ日本!全国行動委員会(田母神 …

【イベント】11.24石垣 緊迫!尖閣映像上映会&講演会

【西村真悟】 無念なり 防諜法、スパイ防止法があれば!

国防とスパイ防止法の不備はかねてから強く要望されている事項だ。尖閣諸島で中国漁船による海上警備艇への衝突事件でその船長が無罪放免されたとき、日本国中はもとより、もっとも過敏に反応したのが拉致被害者家族会だ。このスパイ防止 …

【イベント】11.24沖縄 基地統合縮小実現 沖縄県民大会

基地統合縮小実現 沖縄県民大会 登壇:中山恭子 参議院議員他 辺野古移設を願う5万名以上の署名を県知事に手渡します。 チーム沖縄 ブログより 祝!辺野古移設署名5万筆達成!! 今年8月18日に発足した「基地統合縮小実現県 …

11.24沖縄 基地統合縮小実現 沖縄県民大会

【講演会】11.16東京 馬渕睦夫 国難と『国体の本義』

次回の 士気の集い 117回講演会は 元駐ウクライナ兼モルドバ大使 馬渕睦夫先生「国難と平成版『国体の本義』になります。 現在の世界はグローバリズムとナショナリズムの熾烈な戦いです。国境を超えた自由な経済活動によって世界 …

馬渕 睦夫(まぶち むつお)先生

【講演会】11.3埼玉 葛城奈海「尖閣が映し出す、日本の今」

自らも幾たび尖閣諸島に向かい、国境の現状を肌で感じてきた葛城奈海さんの講演です。自然環境問題に取り組み、日本人として、予備自衛官として、国を守ることの大切さを語ります。 頑張れ日本!全国行動委員会 埼玉県本部  より転載 …

葛城奈海

【イベント】10.29-30東京 防衛技術シンポジウム2013

防衛省・自衛隊 > 防衛技術シンポジウム より 防衛技術シンポジウム2013 防衛技術シンポジウムは、陸海空自衛隊の装備品等について研究開発を行っている防衛省技術研究本部が1年に一度一般の皆様に成果を発表する場です。 防 …

防衛省 技術研究本部

【鍛冶俊樹】 レーガノミックスとアベノミックス

ソ連の崩壊を研究すれば、支那の将来予想ができる。レーガンと安倍晋三の類似を指摘した、とても分かりやすい解説です。 鍛冶俊樹の軍事ジャーナル 第124号 を転載 レーガノミックスとアベノミックス レーガノミックスとは198 …

【宮崎正弘】 オバマ大統領のアセアン歴訪ドタキャンの深刻度

アメリカの衰退はかねてから予想されており、それが現実化してきた。軍事同盟国への影響は避けられない。 軍事と外交をアメリカに丸投げしてきた日本だが、それらをとり戻している安倍政権であったことが、せめてもの救いだ。アジア外交 …

【鍛冶俊樹】 安倍外交を支えたもの

鍛冶俊樹の軍事ジャーナル 第122号(10月6日) を転載 安倍外交を支えたもの チャンネル桜の討論番組「メディアが語らない中国尖閣侵略の現実」に出演した。 http://www.youtube.com/watch?v= …

【鍛冶俊樹】 シリアと北朝鮮

緊張するシリア情勢を見ながら、一方で東京オリンピックが決定し、国内世論が一喜一憂しているときに北朝鮮が原子炉を再稼動した。日本がそうであるように、どの国もそれぞれが関わりあいながら連動しているのだ。シリアという一国の行動 …

【鍛冶俊樹】 集団的自衛権の行使を明言せよ

オバマ大統領はシリアへの攻撃を明言しながらも議会承認を得るといい、安倍首相は「集団的自衛権の行使」を明言するのに国会が開かれるのを待っているようだが、敵は全身全霊の命がけで挑んでくるのだ。強権を行使する時に、大勢で会議し …

【沖縄】 米軍基地の整理縮小、県の負担軽減 確実に進行

那覇に程近い牧港(浦添市)の米軍使用地が一部返還される。問題となっている普天間飛行場が辺野古に移設した場合の規模は現在の3分の2になる。在沖米軍基地の整理縮小、沖縄県の負担軽減は確実に進んでいる。 産経ニュース 2013 …

【鍛冶俊樹】 安倍総理、ジブチへ

鍛冶俊樹の軍事ジャーナル【8月22日号】 を転載 安倍総理、ジブチへ 安倍総理が24日から中東4か国を訪問すると発表した。中東重視の姿勢は以前から明らかだが、今回注目すべきは訪問国にジブチが含まれている点であろう。なぜな …

【軍事】ロシアが支那の空母「遼寧」を酷評 防衛能力なし

やはり中共の空母「遼寧」はポンコツのようだ。 「生産者(ロシア)の貴重な評価」を高く評価する。 新華経済 を転載 ロシア軍事誌が空母「遼寧」を酷評、  「世界で最も安価、自己防衛能力はほぼゼロ」 ロシアの軍事誌Milit …

空母「遼寧」

【講演会】9.1東京 都竹卓郎 「海軍から見た坂の上の雲」 

元戦艦大和乗組、元海軍大尉 都竹卓郎先生 「六六艦隊建造物語~海軍から見た坂の上の雲」 六六艦隊計画とは… 日本海軍が、1896年の戦艦富士の起工から1902年の三笠竣工まで、6年の日子をかけ推進した大建艦計画。 その結 …

都竹卓郎(つづく たくろう)先生

【鍛冶俊樹】 尖閣に公務員を常駐させよ

鍛冶俊樹の軍事ジャーナル 第113号(7月31日) を転載 尖閣に公務員を常駐させよ 日本領である尖閣諸島に中国公船が毎日のように接近し、ときに領海侵入を犯している。このまま放置すれば、やがて毎日のように領海侵入するよう …

【西村真悟】 海上自衛隊舞鶴地方隊訓練展示

真悟の時事通信(平成25年7月27日号) を転載 海上自衛隊舞鶴地方隊訓練展示 昨日七月二十六日早朝、舞鶴に行き、海上自衛隊の洋上における訓練展示を見学した。 政治家が、沖縄、尖閣防衛、また、シーレーン防衛を訴えるなら、 …

【田母神俊雄】 アメリカ信仰から抜け出そう

田母神俊雄公式ブログ 2013-07-26 を一部転載 アメリカ信仰から抜け出そう 国際政治の本質は富と資源の分捕り合戦である。第二次大戦までの世界では、軍事力を直接使って富や資源を分捕りに行った。しかし第二次大戦終了後 …

【田母神俊雄】 石井よしあき君の後援会長になる

田母神閣下と愛国に一意専心する、日本維新の会石井よしあき 候補です。 田母神俊雄公式ブログ 2013-06-26 を転載 東京都議会議員選挙は自民党、公明党の全立候補者が当選をするという政権与党圧勝の選挙となった。自公は …

【鍛冶俊樹】 米中の戦略転換

鍛冶俊樹の軍事ジャーナル 第108号(6月11日) を転載 米中の戦略転換 米中首脳会談が7日、8日と米カルフォルニア州で行われた。この会談が世界の注目を集めた最大の理由は、その準備期間の短さにある。通常であれば半年掛る …

【鍛冶俊樹】 米軍を恐れる中国軍

いつもながらとても分かりやすく解説してくれる鍛冶俊樹さんのメルマガです。 日本領である尖閣を中国がある日、突然「自国領だ」と言い出して領海に侵入していることである。自分で問題を引き起こしておいて「棚上げ」もないものだ。い …

【宮崎正弘】 米国のピボット、リバランス

アメリカの覇権が衰退していくなか、アジアの平和と安定の軸と成り得るのは日本だ。 「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 平成25年(2013)5月15日 通巻第3941号 を転載 オバマの米国が「アジア太平洋に軸足を移す」と …

【鍛冶俊樹】 平壌陥落は間近

鍛冶俊樹の軍事ジャーナル【5月11日号】 を転載 北朝鮮で22歳の女性警官が最高の勲章を授与されたというニュースについて、昨日の夕刊フジで筆者がコメントした。下記参照 http://www.zakzak.co.jp/so …

【鍛冶俊樹】米中接近せず 8艘の領海侵犯に米国の影響

4月23日早朝、私は尖閣列島「魚釣島」を眺めていたが、前夜から待ち構えていた支那公船の追尾によって海上警備艇から非難を強いられ、全速力で石垣島に引き返すという屈辱を味わった。 その背景には、私たちの漁船が尖閣に向かったと …

【鍛冶俊樹】 金正恩、敗れたり

鍛冶俊樹の軍事ジャーナル 第101号 を転載 金正恩、敗れたり 北朝鮮の金正恩第1書記は遂に決断を下せなかった。祖父・金日成の誕生日である4月15日までに中距離弾道弾ムスダンを発射出来なかったのである。もちろん16日以降 …

【鍛冶俊樹】 拉致救出のチャンス到来!

鍛冶俊樹の軍事ジャーナル第100号 を転載 拉致救出のチャンス到来! 1994年2月段階で米国は核兵器開発を進める北朝鮮に対して空爆を決意し、日本政府に秘密裏に協力を要請した。ところが当時の細川総理は佐川急便事件というど …

« 1 2 3 7 »

Count per Day

  • 715985総閲覧数:
  • 0現在オンライン中の人数:

月別アーカイブ

カテゴリーアーカイブ

PAGETOP
Copyright © 私たちの号外 Our Press All Rights Reserved.
.since 2010