報道分析クラブ club news analysis
新着

アメリカ合衆国

【イベント】5.21東京 「中国経済のゆくえと日本企業の選択」

日台交流をすすめる会 イベントを転載 第4回日台親善シンポジウム 「中国経済のゆくえと日本企業の選択」 講 演 その1 「中国不要論~日本の経済安全保障を守れ~」      三橋 貴明氏(経世論研究所所長) その2 「崩 …

第4回日台親善シンポジウ

【講演会】4.8東京 福島香織 「習近平VSトランプの行方」

ー 千田会より転載 ー 4月の千田会が決まりました!! 元産経新聞 中国総局特派員の福島香織先生講演です。 これからの米中関係について、「習近平VSトランプの行方」と題してお話を頂きます。 米国・中国・そして、米中関係に …

福島香織

【鍛冶俊樹】 戦争は不可避になった

支那による南沙問題、北朝鮮による核問題など、米中の対立は避けられない状態だ。北朝鮮への軍事行動が現実味を帯びてきたが、そうなれば南沙問題が手遅れとなり米国がもつアジア太平洋地域への覇権は大きく失われる。南沙に建設された支 …

【鍛冶俊樹】 中国の没落

本音と建前。世界の腹黒さをわかりやすく解説してくれます。 鍛冶俊樹の軍事ジャーナル 第243号(7月15日) を転載 中国の没落 国際仲裁裁判所が中国の南シナ海領有の主張を否決した。中国の南シナ海侵略が国際的に認定された …

【鍛冶俊樹】 集団的自衛権の義務

米軍に基地を提供することで日本は守られている。これは「集団的自衛権」の行使だが、日本は権利を得て守られるだけでもう一方を守るという義務を果たしていない。 いつもながらとてもわかりやすい解説だ。 鍛冶俊樹の軍事ジャーナル …

【鍛冶俊樹】我、抑止ニ成功セリ! 安保法制の成立

北朝鮮が10月に発射するだろうと思われていた長距離弾道ミサイルを抑止したのは、9月に成立した安保法制によるものだとする解説です。今まで世界中の制止を無視してミサイル発射してきた北朝鮮だが、ここにきてそれを中止したのは日本 …

鍛冶俊樹(かじとしき)

【鍛冶俊樹】 中国軍は堕落した

いまさらいうまでもないだろうが「中国軍は堕落した」。 それをわかりやすく解説してくれます。 鍛冶俊樹の軍事ジャーナル【9月22日号】 を転載 中国軍は堕落した 9日、中国の軍事副主席、范長竜が米国のライス大統領補佐官と北 …

鍛冶俊樹(かじとしき)

【沖縄】 ケネディ大使、在日米海兵隊トップ 慰霊の日に参列

在日米海兵隊 facebook より 少し遅れましたが、沖縄県の慰霊の日に行われた沖縄全戦没者追悼集会の時の記事です。ケネディ大使や在日米海兵隊トップのウィスラー中将も式に参列し、敬意を表しました。 ケネディ大使や在日米 …

ケネディ大使や在日米海兵隊トップが沖縄全戦没者追悼式に参列

【なでしこアクション】バージニア州 慰安婦記念碑に抗議

5月30日、アメリカの東部バージニア州フェアファックス郡庁舎に慰安婦記念碑が建ち、韓国人元慰安婦らが出席した除幕式が行われた。 バージニア州は首都ワシントンに近く、慰安婦記念碑は郡庁舎の敷地内にある9.11同時多発テロ犠 …

【宮崎正弘】 オバマ大統領のアセアン歴訪ドタキャンの深刻度

アメリカの衰退はかねてから予想されており、それが現実化してきた。軍事同盟国への影響は避けられない。 軍事と外交をアメリカに丸投げしてきた日本だが、それらをとり戻している安倍政権であったことが、せめてもの救いだ。アジア外交 …

【鍛冶俊樹】 米中の決裂

鍛冶俊樹の軍事ジャーナル 第109号 米中の決裂 今日、中国の公船が尖閣付近で領海侵入した。先週金曜日にも侵入した。前号で「米中がどんな合意に至ったかは、今後数週間の東シナ海や南シナ海での動きで分かる。もし中国が挑発行為 …

【宮崎正弘】 米中首脳会談の成果とは?

安倍政権による中国包囲網は、ことのほか大きな効果を得たことがうかがえる。それは支那のみならず、アメリカにも影響している。外交と国防をアメリカに丸投げしてきた日本が、独自の外交を展開し大きな反響を得ていることが、アメリカに …

【国際】 米国で論ずる「日本の核武装」 怯える中国

かつて北朝鮮の核実験が行われた直後、中川昭一議員が「日本も核武装の論議ぐらいはしていいのではないか」といい、直後に米国のライス国務長官が来日し、日本に冷静を呼びかけたことがあった。中川氏の個人的な意見であったにせよ、日本 …

【講演会】2.3東京 宮崎正弘 「中国問題の本質」

アジア自由民主連帯協議会 より転載 アジア自由民主連帯協議会発足一周年記念講演会 講師 宮崎正弘「中国問題の本質~米中国の間~」 昨年1月に発足したアジア自由民主連帯協議会は、今年ほぼ毎月一回の講演会、そして各問題への声 …

【鍛冶俊樹】 米軍は同性愛集団か?

軍事ジャーナル【5月12日号】 を転載 米軍は同性愛集団か? 昨年のクリスマスの頃、ヘラルド・トリビューン紙に掲載された写真は、米海軍の若く美しい二人の女性水兵が軍艦の前で接吻を交わす場面であった。1970年代に流行った …

【山村明義】米軍再編計画の陰にある尖閣諸島問題

アメリカのオバマ政権が再選をかけて中国の協力を得るために、この秋の国慶節の直前にも行われるという「中国の尖閣諸島実行支配計画」を黙認するのではないかと言われているようだ。とすれば、石原知事による尖閣諸島購入発言は、ワシン …

【宮崎正弘】日本政府、中国国債購入は拙速

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 平成24(2012)年2月6日通巻第3548号 を転載 日本政府、中国国債購入は拙速 日本が中国国債を購入する意味は? 日本が外貨特別会計枠から今年度中に7800億円を投じて、人民元建 …

【米国】米国教科書に東海と日本海併記する法案

日本の底力 2012/01/19 を転載 米国教科書に東海と日本海併記する法案  バージニア州上院小委、採択 米国教科書に東海と日本海を併記する法案がバージニア州の上院小委員会で採択されたようだ。韓国のこのようなロビー活 …

【中東】イラン海軍の演習海域に米空母

このイランの背後には中国。アメリカの力を分散させている。 AFP BB News 2011年12月29日 から転載 イラン海軍の演習海域に米空母、イラン側発表 【12月29日 AFP】国営イラン通信(IRNA)は29日、 …

【宮崎正弘】米海兵隊、豪駐留をどう読むか?

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 平茂23(2011)年11月17日通巻第3485号 を転載 米海兵隊2500が豪州ダーウィンの豪軍基地に駐留へ 中国の東アジア軍事力の突出ぶりに「射程外」でも対応 米豪の秘密交渉はずっ …

【鍛冶俊樹】 TPPは対中包囲網か?

鍛冶俊樹の軍事ジャーナル【10月20日号】 を転載 野田政権は日本をTPPに参加させる方針のようだ。TPPとは、米国を始めとする太平洋諸国間で関税をゼロにするという自由貿易圏構想である。自由貿易圏構想は古くから色々あるが …

PAGETOP
Copyright © 私たちの号外 Our Press All Rights Reserved.
.since 2010