報道分析クラブ club news analysis
新着

メディア不信

【真相】「ありがとう、お母さん」特攻隊員の想い

愛する家族や故郷を守るが故の、最後の選択肢が戦争でした。私たちは今でもその先人達に守られています。 愛なくば守るものもなし、命を捧げることもありません。 終戦の日には国旗を揚げ、先人達の想いに心を致し、感謝の意を持って過 …

回天特攻隊員からの手紙

【講演会】7.15東京 宮崎正弘「世界情勢、これからの読み方」

千田会より 7月3連休の3連続講演の最初の千田会は、作家の宮崎正弘先生講演会『世界情勢、これからの読み方』。7月15日(土)14時から文京シビックセンター4階シルバーホールです。 皆様のお越しをお待ちしております。どうぞ …

【イベント】5.21東京 「中国経済のゆくえと日本企業の選択」

日台交流をすすめる会 イベントを転載 第4回日台親善シンポジウム 「中国経済のゆくえと日本企業の選択」 講 演 その1 「中国不要論~日本の経済安全保障を守れ~」      三橋 貴明氏(経世論研究所所長) その2 「崩 …

第4回日台親善シンポジウ

【韓国】 大規模デモに関する注意喚起 外務省

外務省は3月10日、海外安全ホームページ内「海外安全情報(スポット情報)」に、朴大統領への弾劾に対して、韓国ではソウル市をはじめとする複数の都市で死傷者も出る大規模デモが継続しており、外出の際にはデモが行われている場所を …

【講演会】12.24広島 我那覇真子「報道されない沖縄の今」

麗しの国日本に生まれた幸せ 世界の安全の潮流に立つ沖縄、沖縄で生まれ育った、生粋の沖縄県人。 我那覇真子さんの愛する日本と沖縄の現状と問題について、一緒に考えてみませんか。 講師:我那覇真子(がなは まさこ) 1989年 …

12.24広島 我那覇真子「報道されない沖縄の今」

【沖縄】石垣市議会 高江ヘリパッドの反対活動を批判 意見書賛成多数で可決

沖縄県石垣市議会において24日、高江のヘリパッド反対派による過激な反対活動を批判する意見書が賛成多数で可決された。 内容は、警察官による土人発言は不適切であったとしつつも、警備に当たっていたその警察官の人格や尊厳を著しく …

2016.11.24八重山日報

【講演会】12.11大阪 ボギーてどこん「沖縄の真実 沖縄が危ない!」

西村真悟政局講演会 ボギーてどこん「沖縄の真実 沖縄が危ない!」 マスコミで報道されている「基地反対運動」。 反対運動は沖縄県民の総意なのか? ボギーてどこん氏が沖縄の「今」を明かす。 ボギーてどこん氏略歴 手登根安則( …

ボギーてどこん氏

【イベント】12.4大阪 『中国 臓器移植の実態~今、語られる真実』

こくちーず イベント より転載 『中国 臓器移植の実態~今、語られる真実』 元外科医エンヴァー(アニワル)トフティ氏 各国の患者が訪れる中国での臓器移植の実態を映画とお話しで明らかに致します。この問題初心者のお方でも安心 …

元外科医エンヴァー(アニワル)トフティ氏

【沖縄】 反基地活動の実態 脅迫・暴力の日常

公務員に対して「おいお前、顔見せろ!お前の名前も住所も家族もわかるんだぞ!」などと日常的に罵声を浴びせてくる違法活動家に対して、一人の警官が発した「土人」の一言をヒステリックに報じる沖縄メディアだが、その報道姿勢にもっと …

沖縄ヘリパッド移設反対派リーダーが逮捕~これが暴力行為の決定的証拠だ!

【鍛冶俊樹】 戦争は不可避になった

支那による南沙問題、北朝鮮による核問題など、米中の対立は避けられない状態だ。北朝鮮への軍事行動が現実味を帯びてきたが、そうなれば南沙問題が手遅れとなり米国がもつアジア太平洋地域への覇権は大きく失われる。南沙に建設された支 …

【講演会】7.16東京 織田邦男「中国の台頭と我国の課題」

士気の集い より転載 士気の集いからのお知らせ 織田邦男先生講演会 『中国の台頭と我国の課題』 ~東アジアの平和と安定をどう確保すべきか~ 中国による東シナ海・南シナ海への海洋覇権戦略が激化する中、安保法制が整備されたと …

織田邦男先生

【鍛冶俊樹】 中国、危険水域に!

尖閣周辺に中国の軍艦が侵入したというニュースに緊張したが、ことの内容は第三次世界大戦を起こしかねないことだった。 いつもながら沖縄のメディアはスルーするどころか、「中国の脅威を煽るな」などと大きな見出しをつけている。そし …

【鍛冶俊樹】 伊勢志摩サミットの成果

鍛冶俊樹の軍事ジャーナル 第237号(5月30日)を転載 伊勢志摩サミットの成果 伊勢志摩サミットの成果は一言で言える。いわく「中国封じ込め成功」である。勿論マスコミはそんな事は一言も言わない。言ったら、中国駐在の記者の …

【沖縄】 アメリカ海兵隊員による清掃ボランティア活動

4月2日沖縄県宜野湾市のトロピカルビーチにおいて、約100名のアメリカ海兵隊員と地元の清掃ボランティアグループによるビーチの清掃作業が行われた。こうした地元の清掃活動や事故災害時の救援活動に米兵が参加していることは多いが …

【沖縄】アメリカ海兵隊員による清掃ボランティア活動

【鍛冶俊樹】 集団的自衛権の義務

米軍に基地を提供することで日本は守られている。これは「集団的自衛権」の行使だが、日本は権利を得て守られるだけでもう一方を守るという義務を果たしていない。 いつもながらとてもわかりやすい解説だ。 鍛冶俊樹の軍事ジャーナル …

【真相】辺野古 20年続く辺野古とキャンプ・シュワブの友好関係

沖縄県名護市辺野古とキャンプ・シュワブのボーリング交流は約20年続いており、シュワブは1999年に辺野古区から正式に「辺野古区第11班」としての班旗を献上され、公私共に辺野古区の住民として認識されています。 ハンセンヘイ …

辺野古とキャンプ・シュワブのボーリング交流

【海保】長崎沖で2日に拿捕した中国漁船船長 釈放

今月2日長崎海上保安部が漁業主権法違反で逮捕した中国漁船船長の張林根容疑者を釈放していることが長崎海上保安部への電話取材でわかった。 長崎沖で中国漁船拿捕(共同通信)2016年1月3日 2016年1月8日金曜日11:43 …

【講演会】1.16東京 倭塾 「日本こそ世界最強の国家でなければならない」

Facebook 倭塾 第24回公開講座 より転載 今日のねずブロは「山田宏先生の講演と倭塾第24回公開講座開催のお知らせ」です。 倭塾 第24回公開講座を、1月16日18時半から、江東区文化センターで開催します。 テー …

小名木 善行

【講演会】1.23東京 馬渕睦夫 「2016年、世界動乱の幕が開く」

元駐ウクライナ兼モルドバ大使 馬渕睦夫先生講演会   「2016年、世界動乱の幕が開く」 【 千田会イベント より】 いつもお世話になっております。 第3回千田会は 元駐ウクライナ兼モルドバ大使 馬渕睦夫先生講演会「20 …

馬渕 睦夫(まぶち むつお)先生

【講演会】1.9東京 ロブサン・センゲ「融けゆくチベット氷河、アジアの新たな脅威」

ダライ・ラマ法王日本代表部事務所より転載 チベット亡命政権主席大臣ロブサン・センゲ来日講演 『融けゆくチベット氷河、アジアの新たな脅威』 ロブサン・センゲ チベット亡命政権主席大臣 1968年、インドに生れ、チベット難民 …

ロブサン・センゲ チベット亡命政権主席大臣

【イベント】12.14東京 西村幸祐トークライブ with 藤井厳喜

【西村幸祐トークライブ with 藤井厳喜】 アメリカとは何か?どうなる?日本とアジアの行方! 『紛争輸出国アメリカの大罪』(藤井著)と 『21世紀の「脱亜論」』(西村著)をめぐって イベントページ(facebook) …

12.14東京 西村幸祐トークライブ with 藤井厳喜

【鍛冶俊樹】日中歴史戦、最終ラウンド 南京大虐殺の虚構

中国が「南京大虐殺文書」を世界記憶遺産に登録させたことによって、世界中の学術研究の対象となる。それによって長年使い続けてきたプロパガンダの虚構が白昼のもとにさらされると指摘する鍛冶俊樹さん。いつもながら明快な分析です。 …

【真相】「中国の弾圧は国家テロ」 世界ウイグル会議 ラビア・カーデル議長来日

10月13日から来日している世界ウイグル会議のラビア・カーデル議長は各地で講演会を行い、中国内で行われている中国共産党によるウィグル人への弾圧や殺戮について講演し、連日のように尖閣諸島周辺で領海侵犯を続ける支那への警戒を …

世界ウイグル会議 ラビア・カーデル議長

【鍛冶俊樹】 決戦は南シナ海

日米印の共同演習がインド洋で展開している中、安倍首相は米海軍横須賀基地に配備された原子力空母「ロナルド・レーガン」に乗り込み、艦内を視察した。これは安全保障関連法の成立によって日米同盟の結束が更に強化されたことを印象付け …

【台湾】李登輝「中国国民党は“台湾国民党”への転換必要」

日本と国境を接する台湾。尖閣諸島とその周辺海域を抱える日本は当然ながら台湾の政治動向に強い関心を抱く。 台湾の総統(大統領)は三権分立の上に位置するため、その国内における存在感は絶大だ。戦後一貫してアメリカの保護下にある …

李登輝元総統

【講演会】9.22東京 「村山談話」検証プロジェクトチーム座談会

SHOSEN イベントより 「村山談話20年目の真実」発売記念 「村山談話」検証プロジェクトチーム座談会 〜戦後70年「安倍総理談話」はついに、「村山談話」を脱却した!「侵略」と「植民地支配」はこうして記された。検証プロ …

「村山談話20年目の真実」発売記念

【鍛冶俊樹】 地図で見る第二次世界大戦

鍛冶俊樹の軍事ジャーナル【9月6日号】を転載 インターネット番組「地図で見る第二次世界大戦」の放送・配信が始まった。司会:濱口和久、解説:鍛冶俊樹。週1回、約10分間、全50回、1年間の放送予定である。第1回は無料で視聴 …

【講演会】9.12福井 山本優美子「捏造慰安婦問題に終止符を!」

頑張れ日本全国行動委員会福井県支部サイトより転載 山本優美子氏(なでしこアクション代表)講演会開催 世界に広まる捏造慰安婦問題~慰安婦=性奴隷に終止符を! なでしこアクション代表の山本優美子氏をお招きして講演会を開催致し …

【講演会】8.6名護市 石平 「沖縄に迫る中国の脅威」

名護市民講座講演会 平成27年8月6日(木) 第一部 「誰も知らない安全保障」  我隆商事代表 我那覇隆夫氏 「どうなっている名護市政?地元企業の活性化、北部経済の発展」  名護市議会議員 岸本直也氏 第二部 「沖縄に迫 …

【講演会】8.6名護 石平「沖縄に迫る中国の脅威」

【講演会】8.1東京 福島香織 最新中国事情「本当は日本が好きな中国人」

士気の集い より転載 いつもお世話になっております。士気の集い事務局です。 平成27年8月1日開催予定の福島香織先生出版記念講演会&最新中国事情「本当は日本が好きな中国人」をお知らせいたします。 福島香織先生出版記念講演 …

福島香織

【福島香織】 中国の株価乱高下は権力闘争なのか?

支那の株価暴落の影響を受けたのか、日米のみならず近隣国の株価が大ブレした。支那は人治国家で情報の信用性など無縁な国。株や先物相場などのマネーゲームは胴元が取り仕切っているのはいうまでもない。政治経済、人権や環境問題の背後 …

福島香織

【田母神俊雄】 兵器国産化の推進

腹黒い国際政治を知り尽くした言葉です。 「武器輸出は国家自立に向けての大きな一歩なのである。」「日本が開発製造した武器を外国に使わせておけば、我が国は当該国に対し外交上強い立場に立てるのである」「国家の自立とは軍の自立な …

【講演会】6.16東京 ロバート・エルドリッヂ「沖縄の〈ヘイワ〉運動の現状」

ロバート・エルドリッヂ氏は、東日本大震災における「トモダチ作戦」の立案者でもあり、震災直後から沖縄の海兵隊を率いて被災地に入り、仙台空港を驚異的なスピードで復興させたことでも有名です。 沖縄対策本部公式HP より転載 沖 …

ロバート・エルドリッヂ氏(Robert D. ELDRIDGE)

【講演会】6.13名古屋より 田母神俊雄 全国講演会

田母神俊雄公式ページ より転載 6.13 田母神俊雄 全国講演会 名古屋講演! 名古屋講演会開催のご案内 平素は多大なる御支援を賜り、心より御礼を申し上げます。 次世代を担う若者たち子供たちのためにも「誇り高き日本を取り …

田母神俊雄 全国講演会

【イベント】6.4東京 「六・四天安門事件」26周年集会

天安門事件26周年記念集会実行委員会 ご案内 日ごろからたゆみなく人権・人道・社会正義のため、ご尽力活動されている皆様におかれましては、ご健勝のことと存じ申し上げます。 さて、残虐な天安門事件発生から26周年を迎える今年 …

六・四天安門事件

【講演会】6.21東京 愛国女性のつどい花時計 設立5周年記念

愛国女性のつどい花時計 設立5周年記念の会 平成22年春、子ども手当てと夫婦別姓に反対する女性だけのデモ「日本のお母さんパレード」から始まった愛国女性のつどい花時計が、設立5周年を迎えました。5年間の歩みを振り返りながら …

愛国女性のつどい花時計 設立5周年記念の会

【講演会】5.24千葉 坂東忠信 「移民政策失敗大国日本」

千葉市の未来を作る会(facebook) より転載 第12回【千葉草莽崛起勉強講演会】 第2弾~1年ぶり!千葉草莽崛起再び参上!!     坂東忠信先生が幕張に! 【演題】「移民政策失敗大国日本」 【講師】坂東忠信(元警 …

5.24千葉 坂東忠信「移民政策失敗大国日本」

【鍛冶俊樹】日米VS中欧

メディアが作り出す印象操作も経済市場には通じなくなったようだ。 いつもながら鍛冶俊樹さんの解説はとてもわかりやすい。 鍛冶俊樹の軍事ジャーナル第183号 を転載 日米vs中欧 中国が提唱するAIIB(アジアインフラ投資銀 …

鍛冶俊樹(かじとしき)

【講演会】3.22東京 トゥール ムハメット「日本におけるウイグル民族運動」

3月22日午後5時より新宿区若松地域センターにおいて、旧東トルキスタン(現中国新疆ウィグル地方)で行われている中国共産党による脅威的な民族弾圧の状況と、日本におけるウィグル民族のあり方について、中央アジア研究所トゥール …

中央アジア研究所代表 トゥール ムハメット博士

【田母神俊雄】 イスラム国日本人拉致事件に思う

イスラム国で二人の日本人が誘拐され、身代金を払わなければ殺害すると犯人側が日本政府に要求している。 ここで身代金を払ったら、日本は人質を助けるためなら要求を呑む国だと知らしめることになり、今後世界中の日本人が危険にさらさ …

1 2 3 9 »
PAGETOP
Copyright © 私たちの号外 Our Press All Rights Reserved.
.since 2010