報道分析クラブ club news analysis
新着

中国

【講演会】9.27 渡辺 望 「日本人をいかにして中国人は翻弄したか?」

士気の集い より転載 次回の第140回士気の集いは 評論家 渡辺 望先生講演会「日本人をいかにして中国人は翻弄したか?孫文から毛沢東まで」になります。 中国共産党の反日主義の源流は実は、日本人が親近感をもっていた孫文や蒋 …

【台湾】中国高官の訪台に抗議する市民を排除

6月25日、台湾を訪問中の中国国務院台湾事務弁公室主任・張志軍に抗議する台湾人が政府当局により一時監禁された。 発端は、中国政府の台湾窓口部門である国務院台湾事務弁公室の范麗青報道官が11日の記者会見で、「台湾の前途は台 …

【台湾】中国高官の訪台に抗議する市民を排除

【講演会】6.14兵庫 河添恵子「中国の危機からいかに日本を守るか」

日本会議 イベント案内 より転載 日本会議兵庫 女性の会 第6回教育春季講演会 「中国の危機からいかに日本を守るか          ~世界から愛される日本~」 講 師:河添恵子 氏(ノンフィクション作家) 1963年( …

河添恵子「中国の危機からいかに日本を守るか」

【真相】 学習会報告 「ウイグルの現状と難民救援の必要性」

facebook 日本ウイグル協会 より 5.30日本ウイグル協会学習会報告 ウイグルの現状と難民救援の必要性 5月30日、東京都江東区亀戸にて、日本ウイグル協会イリハム・マハムテイ会長による「ウイグルの現状と難民救援の …

5.30日本ウイグル協会学習会報告

【講演会】6.2-5 「中国臓器狩り」問題のご案内

大紀元時報 より転載 デービッド・マタス氏来日講演  「中国臓器狩り」問題のご案内 この度、カナダ勲章受章者である人権弁護士デービッド・マタス氏の来日に伴い、講演会を開催致します。 マタス氏は中国で起きている、世界に類を …

デービッド・マタス氏来日講演

【講演会】5.25京都 「元帝国陸軍兵士の戦争体験を聴く会」

【京都府京都市】5.25(日) 「元帝国陸軍兵士の戦争体験を聴く会」 講師:元帝国陸軍主計曹長 織田文雄氏(94歳) 織田氏は、元帝国陸軍主計曹長。昭和15年1月、地元京都の陸軍第16師団歩兵第9連隊に入隊。同年4月、中 …

【ベトナム】 反中国デモ 台湾企業を襲撃

南シナ海のベトナム海域で中国による石油掘削に対して抗議する反中デモが暴徒化し、ベトナム全土に広がっている。 この暴動に発展した反中国デモによって、台湾系企業も襲撃を受けている。現地では「中国企業」と「台湾企業」の見分けが …

【イベント】6.4東京 天安門事件25周年 東京集会

あの衝撃の天安門事件〔1989年6月4日〕から四半世紀。ことしは世界各地で中国共産党の凶暴な独裁政治を糾弾し、自由・民主・法治・人権をもとめる集会が開催されます。 東京でも有志があいつどい、中国人留学生の民主活動家ととも …

【真相報告】5.30東京  「ウイグルの現状と難民救援の必要性」

日本ウイグル協会 より転載 日本ウイグル協会学習会のお知らせ ウイグルの現状と難民救援の必要性 中国政府が「ウイグルによるテロ」と宣伝する事件が相次いでいますがその事実関係はほとんど明らかになっていません。 一方、中国政 …

イリハム・マハムティ

【宮崎正弘】 香港に民主活動家らが「天安門記念館」

このところ顕著になった習近平体制による対日政策の強行振りは、過去にないほどの勢いを増している。1ヶ月以上続く尖閣諸島への領海侵犯は連日記録更新、商船三井の大型船差し押さえ、旧日本軍による強制連行など、大小数えれば両手では …

【ベトナム】 決死のウィグル人死亡 中国からの脱出者たち

18日午後、中国からの不法入国でベトナム当局に拘束されたウィグル人たちが、中国に強制送還されることを恐れ、警備隊員の銃を奪って発砲し、ウィグル人5人以上と警備隊員2人の少なくとも7名が死亡した。 現在ベトナム国内のインタ …

殺された後も手錠掛けたままの難民の遺体

【講演会】4.29千葉 林建良「生物学的観点から見る中国問題」

日本李登輝友の会 より転載 【日本李登輝友の会千葉県支部講演会のご案内】 謹啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。 また、平素から日本李登輝友の会の活動にご支援いただき誠に有難うございます。 さて、馬英九政権 …

林 建良(台湾団結連盟日本代表)

【真相】 中国 3.1昆明殺傷事件の黒幕

3月1日夜に起きた昆明殺傷事件は発生直後からウイグル人による犯行と報じられてきたが、この中国メディアの報道には当初から疑問がたえなかった。 なぜウイグルから遥か数千キロ離れたところで行われたのか。わずかな時間に刃物を持っ …

【講演会】3.15東京 池田 維 「尖閣問題と日・中・台関係」

次回の士気の集い126回講演会は 日本交流協会顧問 池田維先生講演会「尖閣問題と日・中・台関係」です。 宜しければお越し下さいませ。どうぞ宜しくお願いします。 士気の集い 千田 拝 日本交流協会顧問 池田維先生講演会 「 …

池田 維 先生

【講演会】1.12東京 中国政府は民族虐殺を止めよ!

日本ウィグル協会より、1月12日緊急抗議集会のお知らせ 緊急抗議集会 中国政府は民族虐殺を止めよ! 昨年から、新疆ウイグル(東トルキスタン)自治区では、中国政府の民族絶滅政策というべき弾圧と、それに対するウイグル民族の決 …

東トルキスタンの人々に平和と自由を

安倍首相の靖国参拝 中国紙、一斉に「日本へ報復を」と

安倍首相の靖国参拝に対して相変わらず中韓の政治的挙動はヒステリックだ。アメリカまでが相乗りしている。 長年中国を研究してきた評論家の黄文雄さんは戦前の日本に対する評価において、「中国や戦後学者のいうことは、その意味を逆観 …

【宮崎正弘】 中南海の権力闘争は新段階 石油派への鉄槌

いつもながら支那の内情を鋭く分析する宮崎正弘さんの解説に惹かれながら、これから私たちはどう考え行動すべきなのか、つい繰り返し想いふけてしまう。 政敵を野放しにすることは独裁政権にはタブーである。 歴史的にも独裁者の移行が …

【田母神俊雄】 中国の防空識別圏設定

防空識別圏そのものは、どこに設定しようが各国の自由。中国が今回のように防空識別圏を設定すること自体は、何ら問題はない。中国に対し防空識別圏を撤回させよという意見があるようだが、それは、おかしな話である。 という前提で、当 …

【鍛冶俊樹】 中国空軍の敗北

今回の中共による「防空識別圏の設定」はロシアをけん制したものであるという、非常に興味深い指摘。前回の「日露軍事同盟」につづき、国際情勢の読み方を研究したい。 鍛冶俊樹の軍事ジャーナル 第129号 を転載 中国空軍の敗北 …

鍛冶俊樹(かじとしき)

【イベント】11.24石垣 緊迫!尖閣映像上映会&講演会

頑張れ日本!全国行動委員会主催 緊迫!尖閣映像上映会&講演会 「今語られる 尖閣の今、未来      ― 中国の侵略と石垣島の安全」 11月24日(日)午後3時より石垣市民会館において、頑張れ日本!全国行動委員会(田母神 …

【イベント】11.24石垣 緊迫!尖閣映像上映会&講演会

【講演会】12.1東京 楊 海英 「中国の民族問題― モンゴルとウイグルから考える」

南モンゴル文化促進会 主催イベント             (バナーをクリックでPDFポスター)  「 中国の民族問題        ― モンゴルとウイグルから考える 」  講師 楊海英氏 この10月、天安門で車両が突入 …

中国の民族問題 ―モンゴルとウイグルから考える

【宮崎正弘】 レアアース騒動の自閉症的結末

威勢よく相手を恫喝したつもりだが、それがやがてブーメランのように自分に跳ね返ってくる。歴史の学習が足りないのか、いつまで経ってもそれが分からない人種だ。 支那はレアアースを輸出停止にすれば日本はビビルだろうと予測したが、 …

【宮崎正弘】 オバマ大統領のアセアン歴訪ドタキャンの深刻度

アメリカの衰退はかねてから予想されており、それが現実化してきた。軍事同盟国への影響は避けられない。 軍事と外交をアメリカに丸投げしてきた日本だが、それらをとり戻している安倍政権であったことが、せめてもの救いだ。アジア外交 …

【宮崎正弘】 本当にやばいゾ、中国の銀行

支那の経済などいつ崩壊してもおかしくない、その時どうするかをあらかじめシュミレーションすべきだと、10年ほど前から考えていたが、なかなか終わらない。その間、多くの学者が「崩壊間近」と言って警笛を鳴らしていたが、なかなか終 …

【宮崎正弘】 北極圏航路を狙う中国

中共を警戒し、支那人社会を受け付けないのは、もはや世界的常識のようだ。 「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 平成25(2013)年8月30日 通巻第4009号 を転載 中国が異様な関心を注ぐ「北極圏航路」は何のため? し …

【軍事】ロシアが支那の空母「遼寧」を酷評 防衛能力なし

やはり中共の空母「遼寧」はポンコツのようだ。 「生産者(ロシア)の貴重な評価」を高く評価する。 新華経済 を転載 ロシア軍事誌が空母「遼寧」を酷評、  「世界で最も安価、自己防衛能力はほぼゼロ」 ロシアの軍事誌Milit …

空母「遼寧」

【西村真悟】 「日中間の信頼関係」は可能か

眞悟の時事通信(平成25年8月12日号) を一部転載 「日中間の信頼関係」は可能か 昭和五十三年八月十二日、北京で日中平和友好条約が締結された。本条約の骨子は、主権・領土の相互尊重、相互不可侵、相互内政不干渉である。 時 …

【宮崎正弘】 中国で新型テロ頻発

支那による領海侵犯は日ごとエスカレートしているが、国内の深刻な状況から目を逸らすためなのか。ならば今後は更に活発化してくるだろう。 「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 平成25(2013)年8月12日 通巻第3999号 …

安倍首相を東南アジアの各メディアが“援護”

中国のメディア報道を日本人が訳したもので、真意はわからないが、現実を正しく見ている。 XINHUA.JP 8月2日(金)23時52分配信 を転載 安倍首相を東南アジアの各メディアが“援護”、「太陽が再び日本から昇る」「中 …

【講演会】8.18東京 『尖閣が日本の未来を変える』

高木書房 より転載 尖閣が日本の未来を変える パネルディスカッション 昨年9月、日本政府が尖閣諸島を国有化したことを理由に、中国は軍事力を背景に日本に対して脅しをかけ続けています。しかも中国海洋監視船による日本領海への侵 …

【宮崎正弘】 在日華字紙も安倍政権の長期化を予測し始めた

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 平成25(2013)年7月31日 通巻第3993号 安倍政権の長期展望が生まれたので在日華字紙も論調が変わった 文ワイ報は「両院を抑えた安倍の強勢、長期政権が展望」と書いた 直近の中国 …

【鍛冶俊樹】 中露韓の北朝鮮包囲

鍛冶俊樹の軍事ジャーナル 第112号 を転載 中露韓の北朝鮮包囲 ロシアが極東、樺太周辺で陸海空、3軍共同の軍事演習を行っている(7/13~20)。参加人員16万人、ソ連崩壊後、最大規模であり16日にはプーチン大統領が直 …

【宮崎正弘】中国 亡命未遂の王立軍が突然半身不随

何があってもおかしくないが、まさに支那らしい政治的暗闘の一面だ。 「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 平成25(2013)年7月11日 通巻第3980号 を転載 王立軍、秦城監獄でとつじょ半身不随に 密殺か植物人間にして …

【宮崎正弘】 中国バブル崩壊の悪影響シナリオ

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 平成25(2013)年6月28日 通巻第3975号 を転載 中国バブル崩壊、最悪のケースは米国債売却 金利急上昇、世界市場大混乱は必至。日本では中国進出企業の株が暴落 刻一刻と爆発が迫 …

【宮崎正弘】 中国 七月危機説、取り付け騒ぎの噂

「宮崎正弘の国際ニュース.早読み」 平成25(2013)年6月25日 通巻第3971号 を転載 「七月危機」説を前倒し?中国バブル崩壊 銀行とりつけ騒ぎの噂、株価は大暴落を始めた いよいよ中国経済のバブル破綻が鮮明になっ …

【鍛冶俊樹】 米中の決裂

鍛冶俊樹の軍事ジャーナル 第109号 米中の決裂 今日、中国の公船が尖閣付近で領海侵入した。先週金曜日にも侵入した。前号で「米中がどんな合意に至ったかは、今後数週間の東シナ海や南シナ海での動きで分かる。もし中国が挑発行為 …

【宮崎正弘】 米中首脳会談の成果とは?

安倍政権による中国包囲網は、ことのほか大きな効果を得たことがうかがえる。それは支那のみならず、アメリカにも影響している。外交と国防をアメリカに丸投げしてきた日本が、独自の外交を展開し大きな反響を得ていることが、アメリカに …

【鍛冶俊樹】 米軍を恐れる中国軍

いつもながらとても分かりやすく解説してくれる鍛冶俊樹さんのメルマガです。 日本領である尖閣を中国がある日、突然「自国領だ」と言い出して領海に侵入していることである。自分で問題を引き起こしておいて「棚上げ」もないものだ。い …

【宮崎正弘】 新彊ウィグル各地に顕著な変化

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 平成25年(2013)5月28日 通巻第3952号 を転載 タクラマカン砂漠の寒村が65万人の新都市となっていた 甘粛省の地震被災者や河南省の農地を失った農民が大挙して入植 新彊ウィグ …

【尖閣】5.26 中国の領海侵犯と威嚇 漁船操業に影響せず

5月25日から26日にかけて、「頑張れ日本!全国行動委員会」のメンバーによる第14回尖閣漁業活動が行われた。 前回4月の漁業活動は、領海侵犯してきた中国の公船に追われ、海保の強い指示により漁業活動を中止し、石垣港に逃げ帰 …

« 1 2 3 5 »

Count per Day

  • 715986総閲覧数:
  • 0現在オンライン中の人数:

月別アーカイブ

カテゴリーアーカイブ

PAGETOP
Copyright © 私たちの号外 Our Press All Rights Reserved.
.since 2010