報道分析クラブ club news analysis
新着
  • HOME »
  • 新着 »
  • 情報解析

情報解析

石垣市の市議2名、尖閣に上陸

12月10日午前9時ごろ、尖閣諸島を行政区域に含む石垣市の市議2名が、同諸島の南小島へ上陸した。 仲間均議員は7年ぶり14回目の上陸だという。同諸島は国が一部の民有地を所有者から借り上げて一元的に管理しており、上陸を禁止しているというが、その理由は公にしていない。市議2名は固定資産税調査を目的に、ビデオカメラなどで撮影しながら居住跡やかつお節工場跡などを確認したというから、以前は居住者がいたのだ。 これに対し中国は「中国の領土と主権を侵犯した」と非難する談話を発表した。相変わらずの

中学生を利用した政治工作/民主党 蓮訪議員

12月9日、蓮舫行政刷新担当相が杉並区和田中学校を訪れ、「よのなか科NEXT」での「事業仕分け」に参加した。なぜ杉並区なのか? 子ども手当、宇宙開発事業、高校授業料無償化の3テーマで生徒各4人が「廃止」か「継続」を求める意見を発表し、生徒100人が押しボタンで投票する形式で行われた。 「収入が基準以下の家庭だけに支払うべきだ」など、中学生の意見としては高度な言葉が続き、背後に大人の影を感じた。1回目の投

【ノーベル平和賞】台湾の招待要請を拒否/ノルウエー

ノーベル平和賞というのはかねてから政治色が強く、アメリカに都合のいい人たちが受賞することが多い。 真に平和を希求するなら、いかなる圧力にも屈しない信念があるはず。だがそうではなかった。 劉暁波氏へのノーベル平和賞授賞式を …

日常茶飯事 中国での暴動と偽報道

中国での暴動は日常茶飯事で耐えることがない。偽報道は当たり前で、何が真実かわからず常に社会不安が蔓延する。 そもそも六カ国協議などで北朝鮮を干渉している場合ではないのだ。そんな実力などない。 メディアの多くは嘘八百が飛び交い、何が真実かわからない。 社会不安、アジアでの領土問題、中国人による犯罪増加、これらの責任はすべて中国共産党にある。 サーチナ 2010/12/09(木) 16:33 中国は暴動頻発期に入る?各地

中国の茶番劇「孔子平和賞」、第1回受賞者は連戦

中国がノーベル平和賞に対抗?して「孔子平和賞」なるものを設立したらしい。 どういう経緯か分からないが、ビルゲイツやマンデラ元大統領も候補にあがっていたようだ。それをどういう基準で決めたか分からないが台湾の中国国民党名誉主席の連戦氏が第一回受賞者に選ばれたという。

急げ!政界再編

読売の渡辺恒雄氏が自民党の谷垣総裁と会見したという。 民主党内の小沢支持者は岡田幹事長に対して、党の分裂をほのめかしながら証人喚問の自粛を求めたが、岡田幹事長は今までの方針に変わりはないといった。 小沢一郎&鳩山兄弟&舛添氏らが会合をしたという。 民主党執行部は渡辺氏を通じて自民党に大連立を呼びかけ、状況を打開しようとしているのか。それとも、小沢氏

権力と戦う「ウィキリークス」の創設者

英ロンドン警察は7日(現地時間)、米外交公電の暴露を続ける告発サイト「ウィキリークス」の創始者ジュリアン・アサンジ氏を、強姦などの容疑で逮捕した。 強姦の容疑についてはトップニュースになることではない。今件は、アメリカ外 …

ミンテルンは生きている/西村真悟

西村真悟の時事通信(平成 22 年 12 月 7 日号) を転載 ミンテルンは生きている No.576 平成22年12月 7日(火) 中国共産党の独裁国家中共は、当然、共産主義を信奉する国家である。従って建前は、マルクス、レーニン、毛沢東主義を掲げている。 そこで、中国共産党の幹部連中であるが、彼らにとって、二

ウィキリークの中国指導部の赤裸々な発言

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」  平成22年(2010)12月8日(水曜日)通巻3155号 を転載 もっと度肝を抜かれるウィキリークの中国指導部の赤裸々な発言 こんどは李克強副首相「中国のGDPは作為された数字、信用に値しない」 みんな知っていることだけど、国家指導者がそこまで言って良いのか? 前号では習近平のハリウッド映画大好きという「機密」を紹介したが、次なるは、その習のライバル=李克強副首相(次

鈴木宗男氏、権力の都合により収監

本日午後、検察合同庁舎正面玄関に到着した鈴木宗男氏は「正々堂々と収監に臨む」と胸を張って収監に挑んだ。 数日前のニコニコ動画による生放送では、無罪を訴えながら検察との権力闘争を語った。 逮捕当時は検察の裏金スキャンダルを暴こうとしていたときだった。しかも人気絶頂の小泉政権時代。検察は何とか自分たちを守るために政治家を攻める必要があった。そして辻本は検察リークを流しているメディアに踊った。とにかく検察は

菅政権が臨時国会を乗り切った理由 / 花岡信昭

花岡信昭メールマガジン865号 を転載 菅政権が臨時国会を乗り切った理由 臨時国会は当初の予定通り、3日に閉幕した。補正予算も成立した。 菅政権はガタガタだが、予算を成立させたのだから、いわれるほどへたってはいない、という見方もできる。 政府提出法案の成立率はここ10年で最低の

馬英九(台湾総統)ノーベル平和賞式典辞退

「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」  平成22年(2010)12月4日(土曜日)通巻3150号 を転載 馬英九(台湾総統)、千載一遇の外交チャンスを自らつぶす ノーベル平和賞式典(12月10日)への出席打診を婉曲の辞退 「博訊新聞網」(12月3日付け)の特ダネ報道に拠れば、馬英九総統は、密かに米国民間外交ルートを通じて打診のあったノーベル平和賞式典への出席打診を、

講演会12月4日・5日【東京】藤井厳喜 & 渡邉哲也

『日本はニッポン』出版記念・特別講演会 (CFG主催) ─ ユーロ崩壊、1ドル70円台の世界にどう対応するか? 日時: 12月4日(土) 18時~20時30分 場所: 文京シビックセンター3階会議室 費用: 4000円 講師: 藤井厳喜 & 渡邉哲也 ハッキリ言って、この講演会、聞かなき

イベント【佐賀】佐賀土曜セミナーのご案内

佐賀土曜セミナー「菅内閣と日本の将来」のご案内 と き:12月11日(土曜)午後二時 ところ:佐賀市天神 アバンセホール 講 師:佐々淳行(初代内閣安全室長) 演 題:「菅内閣と日本の将来」 入 場:無料 お問い合わせ: …

12月1日【東京】民主党(菅)内閣倒閣宣言 国民大集会

同日午前中から行われた「頑張れ日本!全国行動委員会」「草莽全国地方議員の会」主催による「民主党(菅)内閣倒閣宣言! 国民大行進」に続き、午後4時半から同主催者によりニッショウホールにて「民主党(菅)内閣倒閣宣言 国民大集会」が行われた。 司会は葛城 奈海(かつらぎ なみ)予備自衛官 チャンネル桜キャスター デモ行進を終えた参加者のほとんどがそのまま会場に入ったため、開始前から満席状態だった。途中の各交差点には多くの警察官が

新刊「中国は何故尖閣を取りに来るのか」

メルマガ「台湾の声」を転載 【良書紹介】『中国は何故尖閣を取りに来るのか』 『中国は何故尖閣を取りに来るのか』(藤岡信勝・加瀬英明編)(自由社)(定価:1500円+消費税)が本日発売となりました。私も第2章「尖閣諸島は日 …

中国人の偽装入国と生活保護

中国人の偽装入国は日中国交正常化から始まった。残留孤児の帰国に当たっての審査は証拠に基づくものではなく人道的見地によって行われた。多くの残留孤児の帰国に便乗した“成りすまし日本人”が多くいたのは既知のこと。他国以上に神経質になるべき中国人に対し、無神経に見逃してきた不作為の蓄積だ。今からでも遅くはない、喫緊に取り組め。

イベント【議員会館内】アジア外交の正常化を求める国民集会

アジア外交の正常化を求める国民集会 12月2日(木)17時~19時(開場16時半)参議院 議員会館内講堂 -怒り爆発! 国民愚弄もいいかげんにしろ もう我慢の限界だ- 菅内閣は即時退場せよ! 仙谷官房長官を追放せよ! 会場:参議院議員会館内講堂 参議院議員会館正面玄関からお入りください。集会関係者が入館証を

イベント12.18【大阪】第15回 日本と台湾を考える集い

講演 「台湾5市長選挙結果と今後の展望」 講師 帝塚山大学名誉教授 伊原吉之助氏 11月27日の台湾5市長選挙は台北市、新北市及び台中市が中国国民党、台南市と高雄市が民進党の勝利という現状維持に終りました。 しかし、得票率では国民党の44.54%に対し、民進党が49.87%と民進党が40万表上回るとともに、民進党は市議会議員数を130議席と大幅に伸ばし、国民党に並び、民進党の復調が明らかとなりました。 伊原吉之助先生は

外国人参政権が「市民投票条例」と名を変え【奈良生駒市】

市民投票条例:市民自治推進会議、条例案を市長に答申へ--生駒 /奈良 ◇資格者、定住外国人含む18歳以上--月末までに意見集約 生駒市市民自治推進会議(中川幾郎会長、10人)は、重要案件について市民の意思を直接問う市民投票条例案をまとめた。今月末まで市民の意見を聞くパブリックコメントを実施し、市長に答申する。来年の市議会に提案される見通しで、実現すれば常設型の条例としては県内初となる。

台湾5大都市選挙結果

台湾で5大都市(台北、新北、台中、台南、高雄)の市長(都・府知事に相当)及び市議会議員の選挙の投開票が11月27日に行われた。 市長選挙の結果は、政府与党の中国国民党(国民党)が台北、新北、台中で逃げ切り、台湾南部の台南、高雄では民主進歩党(民進党)が圧勝した。市長ポストは両党現状維持となったが、全体の得票率では民進党が国民党を上回った。また、市議会議員選挙については、民進党が議席を大きく増やし、合計当選議席数で国民党と並んだ。 民進党は快勝とはいかなかったが、台湾の人口の6割を占める5大都市で国民党の得票率を上回り、党勢回復を印象づける結果を残したといえる。 (11/27 台湾中央選挙委員会開票速報より) 【台北市】

都合のいいように理屈をこねる、中共の焦り

北朝鮮による韓国側への砲撃を、アメリカの対応が悪いからという中国国務委員。 自分たちではどうしようもない状況をアメリカのせいにした。 毎日新聞 11月27日(土)15時2分配信 を転載 <北朝鮮砲撃>「対話しないから」 中国いら立ち、米に苦言 【北米総局】米国のボズワース北朝鮮担当特別代表が訪中し、中国外交を統括する戴秉国(たいへいこく)国務委員や武大偉(ぶだいい)朝鮮半島問題特別代表らと北朝鮮砲撃事件直後に会談した際、中国側が「(米国が)北朝鮮と対話しないから、こういう事件が起きたのだ」と対北政策に苦言を呈していたことが27日、分かった。米中関係筋が明らかにした。中国は6カ国協議再開や米朝対話を促してきたが、米国が拒否するうちに砲撃事件が発生。6カ国協議議長国として、伝統的な友好国である北朝鮮と日米韓の対立のはざまに立つ中国のいら立ちが浮き彫りになった。

中国に一番強い北朝鮮

北朝鮮は貧しい弱小の国だから中国にお世話にならないとやっていけない。属国のようなものだという意見をよく耳にする。実際はその逆ではないか?旧ソ連と中国を天秤にかけながらたくましく生きてきた国だ。か弱い日本外交の物差しでは計れないだろう。 目標達成のためには手段を選ばず成し遂げてきた 中国側の朝鮮自治区にいた朝鮮系アメリカ人を、「不法に入国した」として拉致してピョンヤンのホテルに軟禁し、アメリカとの対話を実現した。当時出てきたビルクリントンは民間人とはいえ元大統領で妻は現職の国務大臣だ。民間人としては最高峰の人材を引き出したといえる。今回の韓国への砲撃は後継者固めに国内を纏めるためとも言われている。アメリカは中国に仲裁させようとし、中国はアメリカの態度が悪いからこうなったという。要するに北朝鮮に翻弄されているのだ。

朝鮮攻略 北朝鮮の脅威に迫る

一昨日の新唐人ニュース。南北朝鮮の衝突を予期していたように、30分ほどの映像にはかなり現実味を帯びた予測がある。北朝鮮の暴走を防ぎ、西側の介入を防ぐために、中国が北に進行し制圧するという予測もある。 【新唐人2010年1 …

中国の情報戦争、スタイルは60年前と同じ

自分たちの言いたいことを第三者の欧米人に言わせて、世論調整する。かつて南京大虐殺という物語を欧米人に言わせたように。 誰が言ったかわからないが、誰かが言ったのだろう。記事は見当たらない。 「人民網日本語版」2010年11月23日 米メディア:釣魚島付近への自衛隊配備は中日関係を一層損なう 中日船舶衝突事件の発生以来、中日関係は摩擦が絶えない。米メディアは21日、「もし日本が係争島嶼・海域付近への自衛隊配備に固執するなら、両国関係はさらに深刻に損なわれるだろう」と報じた。「環球網」が伝えた。

劉暁波氏ノーベル平和賞、議員へのアンケート

メルマガ「台湾の声」から転載 このお知らせは、11月28日(日)午後2時から栃木県護国会館にて劉暁波氏ノーベル平和賞に関するアンケートの集計の結果報告、及び栃木県本部のこれからの活動について話し合いを持ちたいと思っています。 場所 :護国会館(栃木県護国神社内) 住所 :栃木県宇都宮市陽西町1-37 連絡先:028-622-3180 090-1050-2064(須田) 12月5日(日)、頑張れ日本!でお馴染みの永山英樹氏が講演会を開きます。

映像流出の保安官、陸上勤務に配置換え

中国人の船長釈放は那覇地検のせいにして、乗船勤務を外すのは医者の判断ということにした。

映像流出の保安官、陸上勤務に 乗船不可の診断書

尖閣諸島付近の中国漁船衝突の映像流出事件で、関与を認めた神戸海上保安部の海上保安官(43)が21日付で、陸上で勤務する予備員に配置換えになったことが22日分かった。

尖閣映像、保安官以外も保存 警視庁

ある部署での経験を組織全体で共有するのは、教育や体制を整えるうえにおいて重要なことだ。他国や部外者に知られては困る情報は、その組織の上層部で管理・対応すればいい。警視庁が捜査することではないだろう。 読売新聞http://www.yomiuri.co.jp/net/news/20101122-OYT8T00357.htm 保安官以外も保存か…尖閣映像 巡視艇など複数の形跡

日本人の魂に叫んだ

  日本人の魂に叫んだ ?10.2 10.16 尖閣反中デモとは何であるか?  

« 1 27 28 29

Count per Day

  • 715981総閲覧数:
  • 0現在オンライン中の人数:

月別アーカイブ

カテゴリーアーカイブ

PAGETOP
Copyright © 私たちの号外 Our Press All Rights Reserved.
.since 2010