報道分析クラブ club news analysis
新着
  • HOME »
  • 新着 »
  • 思想・宗教

思想・宗教

【真相】「ありがとう、お母さん」特攻隊員の想い

愛する家族や故郷を守るが故の、最後の選択肢が戦争でした。私たちは今でもその先人達に守られています。 愛なくば守るものもなし、命を捧げることもありません。 終戦の日には国旗を揚げ、先人達の想いに心を致し、感謝の意を持って過 …

回天特攻隊員からの手紙

【講演会】1.16東京 倭塾 「日本こそ世界最強の国家でなければならない」

Facebook 倭塾 第24回公開講座 より転載 今日のねずブロは「山田宏先生の講演と倭塾第24回公開講座開催のお知らせ」です。 倭塾 第24回公開講座を、1月16日18時半から、江東区文化センターで開催します。 テー …

小名木 善行

【講演会】5.16東京 上橋 泉「日本人の宗教観について」

士気の集い より転載 上橋泉先生講演会「日本人の宗教観について」 日本社会の現下の諸問題の背景に、現代日本人の霊性の喪失を発見。東日本大震災でも、日本人はこれに目覚めることはなかった。 この国は遠からず、ギリシャ・エジプ …

上橋泉(かみはし いずみ)先生

【靖国】4.21-23 春季例大祭 天皇陛下の勅使が参向

4月21日から始まる靖国神社春季例大祭に、天皇陛下の勅使が参向されます。 靖国神社>祭事のご案内>春季例大祭 より転載 春季例大祭 4月21日~23日 靖国神社で最も重要な祭事は、春秋に執り行われる例大祭です。春の例大祭 …

靖国神社

【山村明義】 本当はすごい日本の神道 祝!東京五輪開催

山村明義さんは、「神道」とは、自らが信じていなくとも日本人が身体で理解しているものだと解かれます。 そういわれてみれば心当たりがあると、ふと思います。無意識の中にある「おもてなし」の精神が、日本人独自の普遍の「神道」だと …

【真相】 オスプレイ撤回東京行動 沖縄県民の声ではない

オスプレイ配備撤回東京行動は、沖縄県民の声ではなく、北朝鮮や中国の思想工作の声だ 沖縄では歪められた県内メディアの報道によって、真実とは大きく異なる印象を国内外に与えている。これによって利するのは支那・朝鮮であるのは既知 …

【歴史】日本文化 「建国記念日」と「紀元節」

神武天皇即位の年を元年と定め、今年で皇紀2673年になります。この「紀元節」は、日本の歴史と日本人の暮らしの始まりを記念する日です。終戦後GHQによって一時廃止されたものの、日本が独立を回復した後に「建国記念の日」と改称 …

【西村真悟】 宮内庁による仁徳天皇陵の破壊

眞悟の時事通信 No.817平成25年2月1日 を転載 仁徳天皇百舌鳥耳原中陵に関する報国とお願い 本日夕刻、仁徳天皇百舌鳥耳原中陵に参拝し、その後南側正面の礼拝地の左右で行われている「工事」を観察した。 これが、陵墓の …

【小名木善行】 アイデンティティ (2/2)

ブログ  ねずさんの ひとりごと より 「アイデンティティ」 を転載 ※ 前号 からの続き そしてもうひとつ大事なことは、年貢は「土地にかかる税」であって、人にかかる税ではない、ということです。 どういうことかというと、 …

【小名木善行】 アイデンティティ (1/2)

ブログ  ねずさんの ひとりごと より 「アイデンティティ」 を転載 最近はカタカタ英語が多くなってきて、何やら意味不明な用語としてカタカナ文字が使われる傾向があるようです。 カタカナ英語にすると意味がわからず、わからな …

【西村真悟】 晩秋、心にしみる人の情け

今の日本に最も求められる強い国家観。憂国の士、西村真悟さんのコラムです。「石原慎太郎、平沼赳夫とともに、、、」という西村真悟さんの国政復帰を強く願います。 真悟の時事通信(平成24年11月26日号) を転載 晩秋、心にし …

【山村明義】 日本人はGHQ占領憲法から脱却せよ!

山村明義の神代のブログ 2012-10-10 を転載 日本人は戦後悪辣な宗教団体を作り上げたGHQ占領憲法から脱却せよ! 前回はGHQ占領下の日本で、国民の意思も聞かずに決められた日本国憲法19条と21条の話を取り上げた …

【山本善心】 皇統断絶の危機を阻止せよ

山本善心の週刊木曜コラム〈393号〉 を転載 皇統断絶の危機を阻止せよ 時局心話會代表山本 善心 わが国にとって教育に次ぐ重要なテーマと言えば、「天皇制」の問題である。 戦後、天皇とはいかなる存在であるのかについて正しく …

【山村明義】 GHQが画策した靖國神社焼滅計画

山村明義の神代のブログ 2012-08-15 を転載 GHQが画策した靖國神社焼滅計画、 そしていまだに「国際ルール」を守らない韓国と中国 67回目の終戦の日の8月15日。 今日私は、将来の日本と日本人には是が非でも必要 …

【山村明義】 「神様でも働く國」日本人の美徳を取り戻せ!

山村明義の神代のブログ 2012-07-29 「神様でも働く國」日本と日本人の美徳を取り戻せ! アメリカの対日占領政策で、GHQが力を入れていたのが日本の労働政策である。連合軍最高司令官総司令部(SCAP)は、表向き「民 …

【小名木善行】あんぱんの開発と日本の発展

ねずさんのひとりごと から転載 あんぱんの開発と日本の発展 偕行 6月号に私の論考が掲載されました。 あんぱんの物語です。 このお話は、あんぱんが、西洋風のパンでなくて、実は純日本風のパンとして工夫を凝らされたものである …

【山村明義】 「日本人総劣化プログラミング」の全貌2

山村明義の神代のブログ 2012-06-27 を転載 日本人総劣化プログラム2 -政治編- 「日本弱体化プログラム」は、日本の政治の世界においても存在する。 わかりやすいように、「なぜ小沢一郎はゾンビのように復活してくる …

【山村明義】 「日本人総劣化プログラミング」の全貌1

山村明義の神代のブログ 2012-06-24 を転載 「日本人総劣化プログラミング」への初期設定①ー教育編 これまで日本人は、実は戦後知らず知らずのうちに「外国人の言いなりになる」ように初期設定され、プログラミングされて …

【山村明義】 日本人の終わりの美学と小沢一郎

日本人の「精神世界」「美学」など、さすが神道を説く山村先生のお話しに、心を打たれる思いだ。 山村明義の神代のブログ 2012-06-20 を転載 日本人の終わりの美学と小沢一郎 日本人には「終わりの作法」というものがある …

【社会】 「日本一幸せな会社・未来工業」に学ぶ

景気回復にはこういう会社や人をひとりでも増やすことです。 [産経新聞] ITmediaニュース を転載 「社員をコスト扱いするな」 日本一幸せな会社・未来工業 創業者・山田昭男さん 営業のノルマ、残業は一切禁止、定年は7 …

【山村明義】 「戦後保守」から脱却の必要性

山村明義の神代のブログ 2012-06-12 を転載 「戦後保守」からの脱却の必要性 - ある若手論客考 - 今回は、20代で彗星のごとく「ネット保守」の世界へ飛び出した、古谷ツネヒラ君の思想にふれ、将来世代の日本人のた …

【講演会】3.17神戸 竹田恒泰「日本をダメにした教科書」

3.11東日本大震災から1年。驚天動地のあの時、国家的苦難を支えてきたのは国民の連帯感である。それまで感じたことのない思いがこみ上げ、日本は一つに纏まっていた。海外からの救援隊は現地の被災者たちの礼節な態度に驚いた。あの …

【講演会】3.28東京 高森 明勅『女性宮家創設』をめぐって

時局心話會  時局国際会議 より転載 いま日本国にとって最も重要な問題、皇統の継承問題について、今回は女性宮家創設という立場の意見を伺ってみようという企画です。 「時局国際会議」のご案内 『女性宮家創設』をめぐって 講師 …

【山本善心】 自由と民主主義の正体

山本善心の週刊木曜コラム〈345号〉 を転載 自由と民主主義の正体 時局心話會代表 山本 善心 前号コラム(344号)で自由と民主主義について少し触れたところ、関心のある方々から意見が寄せられた。「民主主義は自由な発言と …

【小泉純一郎】 靖国神社 参拝して何が悪いのか

久しぶりの小泉節。いつ聞いてもわかりやすくて心地良い。悪いところもたくさんあったが、英霊にきちんと手を合わせに行ったことは、日本人として尊敬するべきだ。本来はそれが普通なのだが、中曽根元首相以来歴代首相は誰も行こうとせず …

【講演会】9.17京都 久野 潤 パール博士の偉業を偲ぶ

パール博士顕彰碑建立14周年記念行事があります。 パール博士の偉業を偲び、大東亜戦争戦没者と昭和殉難法務死者を追悼するという趣旨です。 講師:久野 潤(大阪国際大学講師) 日本人は『歴史』を取り戻せるか -   パール判 …

【講演会】8.20東京 斎藤吉久 「天皇の祭りと憲法」

斎藤吉久先生講演会 「天皇の祭りと憲法─祭祀簡略化問題の背景~知られざる皇室の危機~」 斎藤 吉久 先生 宗教ジャーナリスト 昭和31年、福島県生まれ。弘前大学、学習院大学を卒業後、総合情報誌の編集記者などを経て、現在は …

【西村真悟】 靖国神社参拝と活動報告

西村真悟との靖国神社参拝のご案内 謹啓 猛暑の候、時下ますますご清祥の段、お喜び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。 さて、西村真悟との8月15日靖国神社参拝のご案内をさせていただきます。是非と …

【天皇】日本でしかあり得ない尊い光景 -西村真悟-

西村真悟の時事通信 (平成23年5月22日号)を転載 今、顕れている、天皇と日本のかたち No.632平成23年 5月22日(日) この度の東日本大震災において、雑誌、週刊誌に多くの論考や記事が書かれている。そのなかで、 …

【ダライ・ラマ】護国寺で震災被害者供養の法要

4月29日午後2時より、東京・護国寺においてダライ・ラマ法王による 「東日本大震災犠牲者四十九日特別慰霊法要」が行われた。

【チベット】ダライ・ラマ14世 政治的ポストから引退

チベット亡命政府、ダライ・ラマの引退を受け新首相選出 ニューデリー(CNN)  チベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世が政治的ポストからの引退を表明したことを受けて実施されたチベット亡命政府の首相選で、米ハーバード大出身のロブサン・センゲ氏が当選した。

【 中国 】行き止まりなき思想弾圧 体制崩壊に警戒

人権弾圧がお家芸の中国では、もはやなりふり構わず仏教もキリスト教も弾圧しまくりです。中東での相次ぐ体制崩壊に怯え上がっている様子。崩壊の足音が聞こえてきそうです。 「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 平成23年(2011 …

【東京4.29】ダライ・ラマ法王 犠牲者特別慰霊法要

ダライ・ラマ法王による 「東日本大震災犠牲者四十九日(七七日忌)特別慰霊法要」のお知らせ 3月11日、世界にかつてない東日本大震災によって多くの尊い命が犠牲になりましたこと、ご冥福を祈りますと共に、被災されました方々に心よりお見舞い申し上げます。

【花岡信昭】 両陛下が避難所へ

腰をかがめ、あるいはひざをつけられて、両陛下は被災した人たち一人ひとりに話しかけられた。 救援作業の邪魔にならないようにと、この日まで待たれ、都内の避難所へのご訪問となった。陛下の国民向けメッセージといい、計画停電に合わせて毎日電気をつかわない時間帯を設けられていることといい、目がうるんでくる。

【イベント】2.15 林一方氏「アジア諸民族の連帯」

2.15 日台同盟・アジア諸民族連帯を! 台湾建国運動講演会 (第143回台湾研究フォーラム定例会) 講師:林一方氏(台湾独立建国連盟中央委員、映像プロデューサー) 演題:「台湾建国、台日同盟、そしてアジア諸民族との連帯を」 独立建国運動家として台湾で活躍する林一方氏が、各都市を自転車で走るアピール活動(独立意志活動3-台湾のため走る)のため来日(2月14日~27日。東京、名古屋、京都、大阪、神戸、広島、下関、長崎、福岡)。 そこでこの活動の一環として講演会を開催し、台湾の現状に関する報告や、台湾と日本との戦略的連携関係の構築の訴え(日本版台湾関係法の制定の訴えも含む)を行う。

【講演会】1.29東京、斎藤 吉久 宗教ジャーナリスト

演題「天皇の祭りと今日の課題」 斎藤 吉久 先生 宗教ジャーナリスト 斎藤吉久Webサイト http://web.mac.com/saito_sy/iWeb メルマガ 斎藤吉久の「誤解だらけの天皇・皇室」 約3千人購読(斎藤吉久の天皇学研究所 主催)

バチカンの聖職者に安心感

バチカンでは聖職者の多くが電子メールのアドレスを持っていないとしており、代わりに、文書などには解読が困難な暗号を用いるケースも多いという。 この時代だからこそ大切な情報はアナログ的に管理したほうが安全ということもある。中途半

中国、バチカンの承認なしで独自選出の司教任命

中国河北省承徳市で20日、政府公認の宗教団体、中国カトリック愛国会が独自に選んだ承徳地区の司教の任命式が行われた。香港メディアなどが伝えた。バチカン側は承認しておらず、任命式を強行すれば中国とバチカンの関係改善の動きが損なわれると事前に警告していた。

ローマ法王庁、中国共産党が決定した司教を否定

中国におけるすべては共産党が決定する。文化・経済・思想に至るまですべてを支配する。チベット仏教やカトリック教においても、中国内での代表は共産党が指定した者しか認めない。 ローマ法王として5年、カトリック教では超保守派といわれるベネディクト16世がついに中共と対峙した。20日に予定されている河北省の地方教区に、中国共産党が勝手に任命したジョセフ・グオ・ジンカイ(音訳不明)司教を認めず「こうしたローマ法王庁の承認を得ない司教の任命は不法(Illicit)との見解を表明した」という。 前法王ヨハネパウロ2世は、ソ連の崩壊からドイツ東西統一に絶大な影響を及ぼしたといわれるが、この度のベネディクト16世の声明も中共に対して大きな影響を与えることになる。中国内での共産党の決定を正面から否定したのだ。

第65回国連大会、中国の信仰弾圧問題を提起

国連大会の特派員報告、信仰弾圧問題を提起 中国代表団が怒り心頭 【大紀元日本10月27日】より ニューヨークで閉会したばかりの第65回国連大会では、国連の宗教・信仰自由事務の特派員ハイナー・ビーリフェルド(Heiner …

PAGETOP
Copyright © 私たちの号外 Our Press All Rights Reserved.
.since 2010