報道分析クラブ club news analysis
新着

主権・防衛

【講演会】11.30東京 古森義久 「米国での反日活動」

士気の集い より転載 士気の集い118回講演会 産経新聞ワシントン駐在客員特派員 古森義久先生独演会 「米国での反日活動」 ~反日最前線となった米国と米中関係の行方~ 古森 義久(こもり よしひさ)先生 産経新聞ワシント …

古森義久

【西村真悟】 無念なり 防諜法、スパイ防止法があれば!

国防とスパイ防止法の不備はかねてから強く要望されている事項だ。尖閣諸島で中国漁船による海上警備艇への衝突事件でその船長が無罪放免されたとき、日本国中はもとより、もっとも過敏に反応したのが拉致被害者家族会だ。このスパイ防止 …

【イベント】11.24沖縄 基地統合縮小実現 沖縄県民大会

基地統合縮小実現 沖縄県民大会 登壇:中山恭子 参議院議員他 辺野古移設を願う5万名以上の署名を県知事に手渡します。 チーム沖縄 ブログより 祝!辺野古移設署名5万筆達成!! 今年8月18日に発足した「基地統合縮小実現県 …

11.24沖縄 基地統合縮小実現 沖縄県民大会

【講演会】11.16東京 馬渕睦夫 国難と『国体の本義』

次回の 士気の集い 117回講演会は 元駐ウクライナ兼モルドバ大使 馬渕睦夫先生「国難と平成版『国体の本義』になります。 現在の世界はグローバリズムとナショナリズムの熾烈な戦いです。国境を超えた自由な経済活動によって世界 …

馬渕 睦夫(まぶち むつお)先生

【講演会】11.2東京 田沼たかし「自立・責任・競争で強い日本へ」

日本を知る会 第56回特別勉強会のお知らせ より 自立・責任・競争で強い日本へ - 英霊に恥じない国をつくる - 講師 田沼 たかし 氏 衆議院議員(日本維新の会 千葉一区)   ☆ 田沼 たかし 氏 (たぬまたかし)  …

田沼たかし

【講演会】11.3埼玉 葛城奈海「尖閣が映し出す、日本の今」

自らも幾たび尖閣諸島に向かい、国境の現状を肌で感じてきた葛城奈海さんの講演です。自然環境問題に取り組み、日本人として、予備自衛官として、国を守ることの大切さを語ります。 頑張れ日本!全国行動委員会 埼玉県本部  より転載 …

葛城奈海

【イベント】10.29-30東京 防衛技術シンポジウム2013

防衛省・自衛隊 > 防衛技術シンポジウム より 防衛技術シンポジウム2013 防衛技術シンポジウムは、陸海空自衛隊の装備品等について研究開発を行っている防衛省技術研究本部が1年に一度一般の皆様に成果を発表する場です。 防 …

防衛省 技術研究本部

【田母神俊雄】 総理の決断一つ

いつもながら明解です。 田母神俊雄公式ブログ 2013-10-15 を転載 総理の決断一つ 靖国神社の秋季例大祭 が10月17日から4日間行われます。安倍総理の参拝がほとんど話題になっていませんが、多くの人やマスコミも当 …

【宮崎正弘】 オバマ大統領のアセアン歴訪ドタキャンの深刻度

アメリカの衰退はかねてから予想されており、それが現実化してきた。軍事同盟国への影響は避けられない。 軍事と外交をアメリカに丸投げしてきた日本だが、それらをとり戻している安倍政権であったことが、せめてもの救いだ。アジア外交 …

【鍛冶俊樹】 シリアと北朝鮮

緊張するシリア情勢を見ながら、一方で東京オリンピックが決定し、国内世論が一喜一憂しているときに北朝鮮が原子炉を再稼動した。日本がそうであるように、どの国もそれぞれが関わりあいながら連動しているのだ。シリアという一国の行動 …

【鍛冶俊樹】 集団的自衛権の行使を明言せよ

オバマ大統領はシリアへの攻撃を明言しながらも議会承認を得るといい、安倍首相は「集団的自衛権の行使」を明言するのに国会が開かれるのを待っているようだが、敵は全身全霊の命がけで挑んでくるのだ。強権を行使する時に、大勢で会議し …

【講演会】9.22沖縄 「侵略国家中国の実態と沖縄の危機」

沖縄対策本部 より転載 <緊急講演Ⅰ>講師:イリハム・マハムティー 「中国共産党によるウィグル虐殺の実態」 <緊急講演Ⅱ>講師:坂東忠信・元警視庁通訳捜査官 「中国共産党による冲縄侵略の危機!」 9月22日に沖縄県浦添市 …

【講演会】9.22沖縄 「侵略国家中国の実態と沖縄の危機」

【講演会】9.1東京 都竹卓郎 「海軍から見た坂の上の雲」 

元戦艦大和乗組、元海軍大尉 都竹卓郎先生 「六六艦隊建造物語~海軍から見た坂の上の雲」 六六艦隊計画とは… 日本海軍が、1896年の戦艦富士の起工から1902年の三笠竣工まで、6年の日子をかけ推進した大建艦計画。 その結 …

都竹卓郎(つづく たくろう)先生

【イベント】8.14靖国 沖縄支援集会in靖国

「沖縄対策本部」 から転載 沖縄支援集会in靖国 日本民族にとっての「沖縄戦」  ~「反戦平和の島」から「防人の島」へ~ アメリカとソ連の作戦遂行を断念させたのはまさに「沖縄の戦い」であります。日本の皇室を守り、日本の領 …

8.14靖国 沖縄支援集会in靖国

【西村真悟】 国益への感受性を磨け 原発と米軍ヘリ墜落

米軍の救難ヘリ墜落で沖縄県内外で大きく報じられ、抗議が殺到している。理解はするが、基地内の訓練中の事故に対してヒステリックすぎる感がある。訓練は基地内外で行われており、万一居住区に墜落していたら問題の大きさは計り知れない …

【講演会】8.18東京 『尖閣が日本の未来を変える』

高木書房 より転載 尖閣が日本の未来を変える パネルディスカッション 昨年9月、日本政府が尖閣諸島を国有化したことを理由に、中国は軍事力を背景に日本に対して脅しをかけ続けています。しかも中国海洋監視船による日本領海への侵 …

【鍛冶俊樹】 尖閣に公務員を常駐させよ

鍛冶俊樹の軍事ジャーナル 第113号(7月31日) を転載 尖閣に公務員を常駐させよ 日本領である尖閣諸島に中国公船が毎日のように接近し、ときに領海侵入を犯している。このまま放置すれば、やがて毎日のように領海侵入するよう …

【西村真悟】 海上自衛隊舞鶴地方隊訓練展示

真悟の時事通信(平成25年7月27日号) を転載 海上自衛隊舞鶴地方隊訓練展示 昨日七月二十六日早朝、舞鶴に行き、海上自衛隊の洋上における訓練展示を見学した。 政治家が、沖縄、尖閣防衛、また、シーレーン防衛を訴えるなら、 …

【田母神俊雄】 アメリカ信仰から抜け出そう

田母神俊雄公式ブログ 2013-07-26 を一部転載 アメリカ信仰から抜け出そう 国際政治の本質は富と資源の分捕り合戦である。第二次大戦までの世界では、軍事力を直接使って富や資源を分捕りに行った。しかし第二次大戦終了後 …

【講演会】7.12沖縄 田母神俊雄 「これからの日本」

田母神俊雄先生 講演会 「これからの日本 沖縄は何を為すべきか!」 日本の領土領海を空から見渡しながら、その防衛に生涯をささげた田母神俊雄元航空幕僚長の緊急講演会。 海洋国家日本、さらに大海原の中の離島である沖縄。その領 …

【西村真悟】 中山恭子先生に より一層のご支援を

眞悟の時事通信(平成25年7月3日号) より一部抜粋 中山恭子先生のこと 中山恭子先生は、大蔵省出身の財政と経済のエキスパートであり、官界における女性パイオニアである。 しかし単に優秀な官僚であるというだけではない。 十 …

【田母神俊雄】 石井よしあき君の後援会長になる

田母神閣下と愛国に一意専心する、日本維新の会石井よしあき 候補です。 田母神俊雄公式ブログ 2013-06-26 を転載 東京都議会議員選挙は自民党、公明党の全立候補者が当選をするという政権与党圧勝の選挙となった。自公は …

【講演会】7.1沖縄 西村眞悟「沖縄県民は英雄の子孫だ!」

緊急講演 講師:衆議院議員 西村眞悟先生   「誇りを持て!沖縄県民は英雄の子孫だ!」   ◎プログラム 開会の挨拶 仲村 俊子(初代沖繩防衛協会婦人部長) 来賓挨拶 我那覇 真子(名護市女性部)予定 詳 細 日時 平成 …

【鍛冶俊樹】 米軍を恐れる中国軍

いつもながらとても分かりやすく解説してくれる鍛冶俊樹さんのメルマガです。 日本領である尖閣を中国がある日、突然「自国領だ」と言い出して領海に侵入していることである。自分で問題を引き起こしておいて「棚上げ」もないものだ。い …

【尖閣】5.26 中国の領海侵犯と威嚇 漁船操業に影響せず

5月25日から26日にかけて、「頑張れ日本!全国行動委員会」のメンバーによる第14回尖閣漁業活動が行われた。 前回4月の漁業活動は、領海侵犯してきた中国の公船に追われ、海保の強い指示により漁業活動を中止し、石垣港に逃げ帰 …

【講演会】6.1東京 馬渕 睦夫 「国難の正体とその克服方法」

士気の集い を転載 士気の集い104回講演会 4週連続講演会の最終回は、馬渕 睦夫先生講演会「国難の正体とその克服方法」になります。 「国家」間の対立・同盟という作られた戦後「世界史」を根本から覆し、作られた戦後「世界史 …

【講演会】5.26名古屋 反日包囲網 トクアノミクスの正体

頑張れ日本!全国行動委員会 愛知県本部 から転載 日本世論の会愛知・頑張れ日本!愛知・反対する会・CH桜を支援する会・愛知  平成25年度 合同総会& 記念講演会 講師:西村幸祐 アベノミクスを壊す反日包囲網 トクアノミ …

【西村真悟】 外交の厳しさを忘れるな

眞悟の時事通信(平成25年5月14日号) を転載 外交の厳しさを忘れるな 内政の失敗は、 一政権の崩壊でかたがつくが、 外交の失敗は国を滅ぼす。 この言葉は、財団法人国策研究会理事長新井弘一氏の言葉である。新井弘一氏は、 …

【尖閣】5.13 中国公船 領海侵犯の真相

支那による領海侵犯は連日のように報じられるなか、公船三隻による13日の領海侵犯では、漁船「高洲丸」が操業妨害を受けた。乗船していた仲間均石垣市議、伊良皆高信市議会議長と八重山日報記者による、現状報告だ。 自らの領土領海を …

【宮崎正弘】 米国のピボット、リバランス

アメリカの覇権が衰退していくなか、アジアの平和と安定の軸と成り得るのは日本だ。 「宮崎正弘の国際ニュース・早読み」 平成25年(2013)5月15日 通巻第3941号 を転載 オバマの米国が「アジア太平洋に軸足を移す」と …

【真相】 「日本を守る沖縄」へ 沖縄出身女性の訴え

地元だけでは見えない大局観、外部からでは見えない地域性。沖縄で生まれ育ち、本土で暮らすことによって見えるもの。本土で生まれ育ち、沖縄に暮らすことによって見えるもの。それぞれに立ち位置が違えば考えも違う。 沖縄に対する本土 …

【尖閣】 沖縄県内の危機 地域の温度差と連帯感

沖縄は範囲の広い諸島であるためか、それぞれに独自性が強く一体感をもつことが難しい一面がある。尖閣諸島で日々犯されている領土領海侵犯に対して沖縄本島では関心が低いという。米軍基地をめぐって「反戦平和!基地反対!」を声高にし …

【講演会】5.13東京 「沖縄県祖国復帰の真実」 41周年

沖縄対策本部 イベント記事 より転載 沖縄県祖国復帰41周年記念議員会館学習会 「沖縄県祖国復帰の真実」   ~祖国防衛の砦、沖縄問題の本質を探る~ 我が祖国防衛の砦、安全保障の要である沖縄が基地反対運動で揺れています。 …

【イベント】5.6浦和 国防を考える埼玉県民の集い

頑張れ日本!全国行動委員会  イベント情報より転載 【埼玉県さいたま市】 「四海波高し、このままで良いのか、日本の防衛」      ~これからの国防を考える埼玉県民の集い~ 【内 容】  特別挨拶   上田清司(埼玉県知 …

【鍛冶俊樹】米中接近せず 8艘の領海侵犯に米国の影響

4月23日早朝、私は尖閣列島「魚釣島」を眺めていたが、前夜から待ち構えていた支那公船の追尾によって海上警備艇から非難を強いられ、全速力で石垣島に引き返すという屈辱を味わった。 その背景には、私たちの漁船が尖閣に向かったと …

【イベント】4.19秋田 秋田県特別攻撃隊招魂祭&慰霊記念シンポジウム

チャンネル桜 イベント より 秋田県特別攻撃隊招魂祭&慰霊記念シンポジウム   第一部 秋田県特別攻撃隊招魂祭 日時 平成25年4月29日 12時00分 会場 総社神社 秋田市川尻総社町14-6 TEL:018-863- …

【講演会】5.11東京 杉之尾宜生 with 生田一夫 講演会

士気の集い より転載 次回は士気の集い第103回講演会 杉之尾宜生先生with生田一夫先生講演会   「『失敗の本質』の研究上の新たな課題」 トップに求められる「現場感覚」「大局観」「判断力」、軍人の場合は戦場のリーダー …

【尖閣】4.23 中国の領海侵犯 日本の漁船を追尾

4月22日午後10時ごろ、沖縄県石垣市新川漁港から、「漁業体験ツアー」の参加者約80名が尖閣諸島方面に向けて出港した。主催は「頑張れ日本!全国行動委員会」(代表・田母神俊雄)で、この漁業体験ツアーは今回で13回目となる。 …

【田母神俊雄】 安倍政権を支持する

田母神俊雄オフィシャルブログ「志は高く、熱く燃える」2013-04-23 を転載 安倍政権を支持する 第二次安倍政権が誕生したことは日本にとっての光明である。自民党政権に戻ったからいいと言っている訳ではない。安倍政権でな …

【 イベント 】5.12東京 領土死守!国民蹶起大集会

facebook イベント「 5・12領土死守!国民蹶起大集会 」を転載 5・12領土死守!国民蹶起大集会   ~支那・朝鮮から聖地、沖縄、竹島を護ろう!~ 昨年末に安倍政権が発足し、日本の経済問題、安全保障問題が大きく …

« 1 2 3 4 12 »

Count per Day

  • 715985総閲覧数:
  • 0現在オンライン中の人数:

月別アーカイブ

カテゴリーアーカイブ

PAGETOP
Copyright © 私たちの号外 Our Press All Rights Reserved.
.since 2010