亡命中国作家・袁紅冰講演会

演題:日本の大災難と中国共産党政権の真実

 著書『暴かれた中国の極秘戦略』で、中国共産党政権による台湾乗っ取りの戦略を描いた台湾を袁紅冰氏が来日して、台湾乗っ取り戦略の現況とともに、中国の対日本戦略を語ります。
 尖閣諸島沖の衝突事件以来の日中関係の背後にあるものとは何か、そして中国はいったい何を狙っているのか? 中国共産党政権内など中国内に余人をもって替えられない情報網をもつ袁紅冰氏ならではの講演が聴けることでしょう。

[講演者の著書]
袁紅冰 著『暴かれた中国の極秘戦略――2012年台湾乗っ取り、そして日本は…?』(まどか出版刊)

[講演会の要領]

■2010年10月28日(木) 開場18:00 / 開演18:30 / 閉演21:00  定員70名

◇会場
 文京シビックセンター
 区民会議室 5階会議室C

◇お問い合わせ・お申込
 まどか出版 イベント係まで
 電話予約 TEL:03-5814-9292

◇参加費 500円

[講演者の紹介]

袁紅冰(えん・こうひょう/Yuan Hongbing)
 中国の著名な亡命作家。自由主義の法学者。詩人で哲学者。民主政治活動家。「中国自由文化運動」発起人。ウエブサイト『自由の聖火』総編集長。現在、オーストラリア在住。
 一九五二年、内モンゴル高原に生まれ、中国共産党によるモンゴル人への大迫害のなか少年期を過ごす。八六年、北京大学大学院修了、同大学の教職に就く。八九年、六・四民主化運動では「北京大学教師後援団」を組織した。九四年「中国労働者権益保障同盟」組織したことから秘密裏に逮捕される。同年末、貴州に追放される。
 二〇〇四年、オーストラリアを訪問した際に政治的庇護を求め、亡命作家となる。〇六年、「中国自由文化運動」を発起し、中国のマルクス主義文化植民地の運命を変えていくことを提唱する。
 主要な文学の著作に『自由は落日のなかに』『黄金の聖なる山』『荒涼に回帰する』『文化と運命』など。ほかに哲学や法学、政治学の著作もある。